パラスポーツ×横浜…もうひとつのスポーツ・アート誌「ritrattos(リトラット)」創刊準備号発行

ritrattos

パラスポーツ×横浜…もうひとつのスポーツ・アート誌「ritrattos(リトラット)」創刊準備号が発行されました。

パラスポーツ×横浜 ・・・スポーツの魅力を再発見できるパラスポーツ。横浜の魅力も再発見。市民にあまり知られていないが、じつは横浜はパラスポーツの伝統豊かな国際都市。もっともっと横浜で盛り上げよう。

パラスポーツでまちづくりを推進している都市は、日本では、大分と旭川が先輩格に当たります。大分では「国際車椅子マラソン」、旭川は車椅子スキーなどのウインタースポーツの国際大会の伝統があり、市民がこぞって応援する大会は世界のパラアスリートにも「行きたい町」との評価が高いとのことです。

横浜も実は、国際大会のパラトライアスロン、追浜車椅子マラソン、八景島アクアスロンや、2020パラリンピック選手強化拠点に指定されたラポールでは、電動車椅子バスケットボールなどさまざまな障害者スポーツが行われています。でも残念なことに市民にはあまり知られていません。

横浜市民メディア連絡会は、NPO法人国際障害者スポーツ写真連絡協議会(パラフォト)と連携して、パラスポーツ(障がい者のスポーツ)を通じて、マスメディアではできにくい視点からの取材と発信を市民メディアで実現しようとホストシティ・メディア・プロジェクトよこはま」を推進しています。今春には、5月17・18日山下公園エリアで繰り広げらた「世界トライアスロンシリーズ横浜大会」の「パラトライアスロン」の取材プロジェクトを実行しました。

「パラスポーツファンになろう!」

https://yokohamacmc.wordpress.com/2014/05/31/0621-general-mtg/

 

ritrattos

さらに年間を通して横浜のパラスポーツの姿を立体的に伝えていこうと、年2回の雑誌の発行を軸に、記者養成ワークショップや写真展などを開催する計画です。

詩名は「ritrattos(リトラット)」。AB判36ページ、大判の誌面でアスリートの「肖像」と大会のシーン、横浜の街を伝えていきます。写真はパラフォトでパラリンピック等国際大会を数多く取材しているパラスポーツ・カメラマン、そして森日出夫さんの全面協力を得て、迫力ある誌面を作っていきます。

創刊号は、トライアスロンワールドシリーズ横浜大会が行われる5月を盛り上げるべく、2015年3月発刊予定です!読者会員、協賛会員を募集中です。

………………………………………………………………

「メディアカフェ/横浜パラトライアスロン取材プロジェクト作戦会議」(参考URLあり)

https://yokohamacmc.wordpress.com/2014/04/03/mediacafe-paratra-yokohama2014/

「横浜トライアスロン取材チーム・ミーティング&ロケハン」

https://yokohamacmc.wordpress.com/2014/05/11/yokohama-paratriathlon/

パラフォト>> http://www.paraphoto.org

ホストシティメディアよこはま>> https://www.facebook.com/HCMY2020

世界トライアスロンシリーズ横浜大会公式サイト>> http://yokohamatriathlon.jp/wcs/

………………………………………………………………

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中