横浜市民メディア連絡会設立提言

2002年11月4日に横浜市大で「たそがれる横浜をコミュニティからリバイバル!」というシンポジウムがありました。そこで市民、企業、大学、行政のコンソーシアム「横浜市民メディア連絡会」の設立提言を行いました。

昨今、温暖化、大気や水汚染、ゴミなどの環境問題、高齢者の生きがい探し、子育支援などの少子高齢化対策、商店街の活性化などコミュニティに係わる多くの課題が山積しています。
多くのメディアや行政がコミュニティや地域社会やグローバルな環境問題などに関する番組や記事を提供しています。
しかしそのような価値ある情報もなかなか関心のある人には届かず見逃されています。
これらの課題は市民、企業、大学、行政などが情報や問題を共有し、協働してはじめて解決できます。
横浜に関係する市民、メディア、大学、行政がコンソーシアムを組み、情報を共有し、研究して、課題解決を図り、政策提言を行う「横浜市民メディア連絡会」を2002年12月5日に設立する運びになりました。

~「横浜市民メディア連絡会」設立提言目次~

「横浜市民メディア連絡会」設立提言
「横浜市民メディア連絡会」の設立総会
「横浜市民メディア連絡会」とはどのような会か?
「横浜市民メディア連絡会」はどのような活動をするか?
「横浜市民メディア連絡会」の運営方針
「横浜市民メディア連絡会」会員募集・参加希望の受付

「横浜市民メディア連絡会」設立提言
2002年9月13日の市民講座「市民メディアの可能性を探る」において、市民メディアにつき大変示唆に富む討論が行われました。この時会場の市民から新しい市民参加型社会の実現のためにも、地域のメディアの発展のためにも、多様な特性を持ったメディアと市民の連携が重要ではないかと言う提案がありました。
横浜市立大学においても同様の構想案があり、これらを統合する形で講座の主催者、パネリスト、提案者で「横浜市民メディア連絡会」設立準備会を持ってきました。

私達の身の回りに存在するメディアは、近年ますます多様化し複雑になっています。その多様なメディアの中に、実は市民にとって有益・有効な情報がたくさん発信されています。
しかし、多くの市民はそれらの情報をかえって受け取ることが出来なくなっている現状があります。一方で、街作り、福祉活動、環境問題、文化活動などに自立的に取り組んでいる市民団体の活動は、地域社会の住みやすさや豊かさに貢献しています。しかしメディアリテラシーの不足から、市民団体相互の情報交換や一般市民にむけての情報発信は進んでいないが現状です。
市民がそれらの多様なメディアを有効に活用することができれば、市民活動や市民参加の活性化、市民と行政の協働、街の店舗や商店街の活性化、ベンチャービジネスの振興、災害時の支援活動などが進み、横浜を元気にする大きな可能性があります。インターネットを始めとした多様なメディアを市民が有効に活用する方法の検証が求められます。また、それらのメディアを活用するにあたっては、市民のメディアリテラシーの向上や情報デバイドの解消などにも配慮する必要があります。

これらの課題は行政、マスコミ、市民活動などがばらばらに対応しているだけでは解決できるものではありません。今こそ、市民、企業、大学、行政が協働して「討論」し「研究」を進め「提言」をする必要性があることを強く認識するに至りました。横浜市民、横浜のメディア、横浜の大学、横浜市などの民・産・学・官が連携、協働する新しいコンソーシアムとして「横浜市民メディア連絡会」を発足させることをここに提言します。

「横浜市民メディア連絡会」は、個人の資格での参加を基本として、自由な発想での発言・活動を求めます。
その活動は、ITを利用したメーリングリストなどのネットワークにより情報交換を行い、更に、これに多様なメディアをリンクさせていきます。また、直接会っての議論・研究を進めることも重要と考えています。テーマごとの研究会を定期的に開催して、研究発表・提言を行ないます。また、会員以外にも市民向けのセミナーや講座も開催したいと考えています。

「横浜市民メディア連絡会」の設立総会
12月5日(木)18:00~21:00
横浜市市民活動支援センター
(桜木町駅徒歩5分・MM21クリーンセンター4F)で予定しております。
メディア関係者やさまざまな活動をおこなっている市民団体、行政関係者、大学関係者、研究者、学生を始め、市民メディアや市民活動に関心のある一般市民など広範囲で多くの方のご参加をお持ちしております。

「横浜市民メディア連絡会」設立呼びかけ人

村橋 克彦(横浜市立大学経済研究所/教授)
関口 昌幸(横浜市役所)
山本 豊(横浜市役所)
野堀 勝明(iTSCOM)
原 聡一郎(株式会社ぱど、NPO法人全国eタウンフォーラム)
柴谷 知宏(横浜都筑・港北ニュータウンメーリングリスト/管理人、丘の横浜メールニュース/発行責任者)
中谷 英世(横浜丘の手市民活動ITサポートプロジェクト=TaKMi)
小池 由美(横浜丘の手市民活動ITサポートプロジェクト=TaKMi)
多賀 和幸(横浜丘の手市民活動ITサポートプロジェクト=TaKMi)
「横浜市民メディア連絡会」設立準備事務局(横浜市立大学経済研究所内)

「横浜市民メディア連絡会」とはどのような会か?

市民メディアというと従来情報を独占的に供給して来たマスメディアに対抗して、市民自らが情報を発信するインターネットやコミュニティ放送、ミニコミ誌という意味が一般的です。
しかしここでは、市民が情報発信する時代においても、従来型のメディアの優れた情報提供能力や情報供給チャネルと新しいメディアの双方向性などの優れた特徴を組み合わせて活用し、市民に情報をあまねく提供してゆくという意味合いを込めて「横浜市民メディア連絡会」という会にしました。
「横浜市民メディア連絡会」はこのような考えのもとに、横浜において利用できるメディアと横浜市民を繋ぐオンラインとオフラインのネットワークを構築し、市民とメディアの情報交換、情報活用などの研究、市民の情報リテラシーの向上、行政への提言などを行ってゆきます。
「横浜市民メディア連絡会」は、横浜において利用できるあらゆるメディアの提供者と利用者、情報発信者と情報受信者の全てを対象とします。
「横浜市民メディア連絡会」活動はどのような活動をするのか?
趣旨にそって、活動範囲を広げてゆきたいと思いますが、当面は以下の活動を計画しています。

● 「横浜市民メディア」メーリングリストによる情報交換 メディアと市民が参加する「横浜市民メディア」メーリングリストによるコア・ネットワークを構築して、メディアや市民団体の情報交換や市民への情報提供を行います。
この情報を基に、市民活動をしているグループのメーリングリスト、ミニコミ、口コミを通して、その情報は関心をもっている市民に伝達されます。またその情報の評価も「横浜市民メディア連絡会」のネットワークを介して、フィードバックできます。
以下のような情報が交換されることを期待しています。
☆市民活動のイベント情報、市民活動の紹介、メディア報道への意見、コメントなど
☆各メディアの市民活動や地域情報に関連する自社のお勧め番組、記事やニュースの紹介
☆各大学の市民活動や地域情報の関連講座、シンポジウムのお知らせ、市民メディアに関する研究成果など
☆行政の市民活動や地域情報に関する自治体情報提供、市民との協働の情報提供など

●「横浜市民メディア」ホームページによる情報提供
「横浜市民メディア連絡会」の趣旨や会則や会員入会案内
「横浜市民メディア連絡会」の活動と運営の情報提供
市民メディアに関する市民講座やシンポジウム情報
市民メディアに関する研究成果や関連情報など

● 市民メディアに関する市民講座や研究会の開催、その支援と提言
市民メディアに関連するさまざまな課題を市民・メディア・大学・行政が協働して「討議」し、「研究」を進め、「提言」を行います。以下はそのテーマ例です。
☆インターネット時代における多様なメディアの利用方法の研究
☆CATVやコミュニティFMで市民が情報発信する仕組みの研究と実験
☆メーリングリスト、ホームページ、P2Pシステムなどインターネットを市民メディアとしての活用する研究と実験
☆インターネットを始めとする多様な情報に対する受け手側の知識と情報取得の心構え、発信者のマナーや著作権問題などメディア・リテラシーについての研究と提言
☆市民活動における公共放送ライブラリーの活用方法の検討
☆地震などの非常時におけるメディアと市民団体と行政の連携の研究と提言
☆市民メディアとしての地域通貨の研究と実験
☆行政情報の伝達手段として多様なメディアの利用方法の研究と提言

「横浜市民メディア連絡会」の運営方針
1)市民メディアに関心がある人はだれでも参加でき、自由な情報交換、意見交換を行うことができるオープンな場を提供する。
2)参加は個人資格としての参加とする。
3)横浜の市民、市内のメディアや市民団体を対象とするが、横浜市以外でも、市民メディアに関心のある人の参加は自由とする。
4)連絡会は通常はメーリングリストなどのオンラインでの情報交換を主とするが、必要に応じて、意見交換や研究会など適宜オフラインでの連絡会をもつ。
5)「セミナー/講座」「提言の発表」など会員以外の市民向けて情報を公開していく。
6)この趣旨に賛同頂いた会員の中から運営委員を選出し、運営を行う。

横浜市民メディア連絡会設立提言」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: [パネルディスカッション]市民メディアの10年、これまでと、これから。 | Yokohama-CMC·

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中